住みやすい都市「福岡」?

グラフ

4月14日の日本経済新聞に掲載されていた記事。

世界で住みやすい都市ランキング、5位に大阪。名古屋や東京、横浜はあるが、福岡は欄外だ。
以前から福岡は「住みやすい都市ランキングで上位に付けている」とアピールしていたし、私もどこか他県で行ったセミナーでそのことをアピールしたことがある。
はて、この数年で福岡は突然に住み難い都市になったのだろうか?福岡市に居住していて、そう思ったことはないが・・・

データの出所に注意

気になってちょっと調べたら、データの出所が違うだけだった。

従来から話題になっていたのは雑誌「モノクル」の住みやすい都市ランキング。
ビジネスや文化、恋愛などから総合的に検討した結果らしい。英国の雑誌なので、調査対象者も英語圏の人間なのではないだろうか(推測だが)。
2016年の調査で福岡市は7位だった。2017年の調査はまだ行われていないようだ。

一方、日経の記事は「アジア人にとっての住みやすい都市」ランキング。
人材会社が海外赴任者を対象に調査したものだ。

調査方法や調査対象者が違えば結果が異なる。当たり前の話だ。
新聞記事を漠然と流し読みしていたら「福岡のランキング落ちてるな〜」と間違った解釈をしてしまっただろう。

数字は嘘をつかない。だが、作成段階で嘘や悪意が入る

この情報であれば、誤った解釈をしても大きな被害はないと思う。
しかし、これが重要な経営方針を決めるデータであれば、その解釈の間違いは致命的な被害を引き起こすかもしれない。

数字は嘘をつかない、という。しかし、数字を作る段階で嘘や悪意を入れ込むことは容易にできる。
データを見ても鵜呑みにしてはいけない。その出所、調査対象や方法をきちんと確認しなければならない。

関連記事

  1. 福岡県IoT推進ラボ「現場ニーズ把握会」

  2. 業務フロー

    2019ものづくり補助金 詳細解説(4)〜 一般型と小規模型、どちらに…

  3. 無料で専門家の支援を受ける方法(ミラサポ登録方法の説明)

  4. どのチャネルに依頼しても中小企業診断士の米倉がやってきた話

  5. でかくて速いほうがいいだろう

  6. 大事なのは自分が「知らない」のを「知る(認識している)」こと

最近の記事

  1. 2021.01.18

    永遠に準備中
  2. 2021.01.08

    管理すべきは

カテゴリー

読書記録(ブクログ)