PPTフレームワーク、「人」への間接的なアプローチ

PPTフレームワーク、と言う考えの枠組みがある。
SWOT分析とか、ファイブフォース分析とかに比べるとマイナーだ。

何かの「仕組み」を作るときは、

  1. 人(People)
  2. プロセス(Process)
  3. テクノロジー(Technology)

の3つに配慮しないといけないよ、と言う格言みたいなものだと思ってくれていい。
そしてこの3つには順位がある。人が第一優先、その次にプロセス、そして最後にテクノロジー。
どんなシステム(狭義の意味で。ソフトウェアとか)を入れたところで、それを運営する「人」の意識が以前のままでは、またそれを動かす「プロセス(業務フロー)」が以前のままでは、そのテクノロジーも本当の力を発揮できない。
人(の意識)が変われば、自然にプロセスも見直され、それに適合したテクノロジーが導入されるだろう。

ちなみに、変更しやすいのは逆の順番だ。テクノロジーは使うソフトを入れ替えればいい。プロセスは簡単には変えられない。人は言うまでもない。
テクノロジーを変えることで、プロセスや人に影響を及ぼす、と言うアプローチもある。

関連記事

  1. 3C分析、プラスワン〜その1

  2. フレームワークを改変する(サービス・市場機会マトリクス)

  3. 理論、フレームワーク、行動

  4. DCSモデル。要求は下げずに、裁量を拡大、支援の仕組みを

  5. 人、モノ、金。それだけじゃなくて

  6. ビジネスモデルを描いてみよう(7)〜ビジネスモデルを検証する(1)

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)