ビジネスモデルを描いてみよう(3)〜「提供価値」何ができるのか?

前回からの続き。

顧客にどんな価値を与えるのか

前回「顧客」は誰かを決めた。
事業ドメイン、「誰に」「何を」「どのように」で言うところの「誰に」を決めたことになる。
次は「何を」提供するのかを考える。
ビジネスモデルキャンバスでは「提供価値」と呼ばれる。

顧客にどんな価値を与えているか?
当たり前であるが、顧客の欲しがる商品・サービスを提供しなければビジネスは成り立たない。
「価格が(他社と比較して)安い」というのも価値だろうし、高品質なサービスも価値だ。

大きく分けると二つの方向性がある。
「喜びを与えるか」「痛みを取り除くか」だ。

他にも、以下のような視点がある。

  • 新規性:顧客も知らなかった新しいニーズを満たす物。登場当時のスマホなど
  • パフォーマンス:商品・サービスの性能を上げることで価値を生み出す(CPUの速度が50%アップ!)
  • カスタマイズ:オーダーメイドであなただけの商品を(オーダースーツ)
  • 効率化:従来は1時間かかっていた仕事が20分で
  • デザイン:著名な**氏のデザインする・・・
  • ブランド:言うまでもないでしょう
  • 価格:ただ安いだけでなく、費用対効果に優れているか
  • コスト削減:この装置を付ければ水道代が半分に
  • リスクの低減:保険ですね
  • アクセスしやすさ:店舗の立地条件など
  • 快適さ、使いやすさ:ウェブページや製品の使いやすさ

他社と違う「価値」を

重要なのは、他社とちょっとでも違う価値が提供できるかだ。
同じ価値しか提供できないのであれば、あとはどちらが安くできるかの勝負になる。

どんな会社だって、不毛な価格競争には巻き込まれたくないだろう。
そうならば、「提供価値」について、じっくりと考える必要がある。

どんなに考えても、他社と同じ「提供価値」しか思い浮かばない?
だったら、他の面で差別化すればいい。
次回説明する「チャネル」や「関係づくり」が、差別化のポイントとなる。
(つづく)

関連記事

  1. 悩みを書き出して気分をすっきりさせるためのフレームワーク

  2. ビジネスモデルを描いてみよう(8)〜ビジネスモデルを検証する(2)

  3. フレームワークを組み合わせる

  4. 人、モノ、金。それだけじゃなくて

  5. 戦略

    戦略の5つの「P」

  6. ビジネスモデルを描いてみよう(4)〜どう届けるか?どう維持するか?

最近の記事

  1. 撮影、カメラ、草原
  2. 2019.09.19

    あの花の名前
  3. ピザ
  4. ディスコミュニケーション

カテゴリー

読書記録(ブクログ)