いつも何かに怯えている

経営者は自信満々に見える。
不安そうにしていたら従業員はついてこないし、客もつかない。
しかし、本当は何かに怯えている。いつだって。

それは不満を持ち、仕事をサボったり突然辞めたりする社員に怯えているのかもしれない。
社員から自分の方針に陰で不満を言われているかもしれないという予想(妄想)に怯えているのかもしれない。
無理難題をふっかけ、クレームをつけてくる顧客と交渉することに怯えているのかもしれない。
仕事が突然無くなってしまうかもという恐怖に怯えているのかもしれない。
大口を叩いてしまい、風呂敷を畳めるか不安になって怯えているのかもしれない。
働き方改革だ賃上げだ障害者雇用だと、営利企業にさまざまな制約を課してくる政治が次に何を言い出すのかと怯えているのかもしれない。

怯えているからと言って、自宅のベッドで丸くなって1日が終わるのをただじっと待つわけにはいかない。
抗うつ剤を飲みながら自分に鞭を入れて働いている経営者は、さほど珍しくはない。
ちなみに経営者の自殺率は、他よりも有意に高いらしい。
休め、と誰かから優しい言葉をかけられても、「じゃあ代わりに誰がこれをやってくれるっていうのだ」と思いながら、「そうもいかなくてね」と苦笑する。

常に何かに怯えながら、それでも虚勢を張って生きていく。
「独立したい」とか「経営者になりたい」と人から相談された時に、私はそれを単純にお勧めすることはできない。
正直、誰にとってもベストな選択だとは思えない。大企業のサラリーマンの方が向いている人が、世の中のほとんどだと思う。

関連記事

  1. 恐怖を振り払うには行動するしかない(福津・宗像起業塾の講師を努めました…

  2. 特注品は、新事業のための試作品である

  3. 出張、旅行

    東京・群馬出張。コンサルは偉くない

  4. 業務フロー

    2017年版中小企業白書、小規模企業白書の公開

  5. 嘉麻市創業塾「ビジネスモデルキャンバス」

  6. プログラマーだったから

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)