事業再構築補助金、成長枠とサプライ枠に申請可能な業種が明らかに

来月(23年4月)から制度が変わる「事業再構築補助金」。
新たに追加された「成長枠」と「サプライチェーン強靭化枠」に関しては、
申請できる業種・業態が限定されるとのアナウンスが事前になされておりました。

先週、ついにその業種・業態が発表になりました。

成長枠の対象となる業種・業態の一覧

「第一弾」という記述から、今後業種・業態が追加される可能性は高そうです。

ざっとみると製造業がメインですが、
ガスや電気、写真業や映画業などもリストに入っていますね。
公園・遊園地なんてのも。
過去の市場規模データから機械的に算出したようですが、

この資料の全体が「成長枠」に出せる業種、
表のうち一番最後の行に丸がついているのが
「サプライチェーン強靭化枠」に出せる業種です。
​​​​​​
ちなみに事業再構築補助金ではない「サプライチェーン補助金」
というのもあるのですが、こちらは製造業でも
ロボットや半導体、EVなど一部の産業に限定されていましたので、
それに比べれば間口が広いと言えます。

関連記事

  1. 2018ものづくり補助金二次公募 解説その4〜 事業類型(1)企業間デ…

  2. 経営力向上計画取得による減税制度、2年延長。

  3. 2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(4)加点の種類

  4. 2019もの補助 結果分析(5)〜 2次公募の採択率予測

  5. 事業再構築補助金10次採択発表、当社支援先は17社採択

  6. 「生産性特別補助金」その実態は

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)