利益をとるか、数量をとるか

上昇するイメージ

ビジネスをざっくり分けると二つになる。
利益を追求するか、数を追求するかだ。

利益額を追求する

利益を追求するのなら、数はあきらめる。
住宅などの高級品なら、一件あたりの利益額は大きいけれど
そうたくさん売れるものではない。
数が少ないので、一件一件をきめ細やかにサポートすることができる反面、
一件の失注が経営に大きな影響を及ぼすことになる。

数量を追求する

いっぽう、数を追求するのなら、利益額は期待できない。
薄利で売価を安くし、販売数を増やす。
たくさんのお客さまに喜んでもらえるが、ある程度の数が出なければ
会社を維持するだけの充分な利益額が稼げない。

両立は難しい、どちらかを選ぶ

利益と数量。この二つを同時に追求することは(不可能ではないけれど)難しい。
どちらかを選べば、どちらかを捨てなければならない。

さて、あなたの事業は、どちらを向いているだろうか?

「どちらも追求する」「よくわからない」という回答なのだったら、
一度、事業内容について見直してみる必要があるだろう。

関連記事

  1. 植物の成長

    小規模事業者持続化補助金 採択発表

  2. 「など」と書くのは弱気のサイン

  3. ディスコミュニケーション

    テレワークに思うこと

  4. (株)フロウシンク史上最高に忙しい数か月が始まる

  5. 公園に行かずとも

  6. ものづくり中小企業『九州版・事業化プロデューサー集』に掲載されました。…

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)