良いことをしたのだから(モラル正当化効果)

良い行動を取ったあとは、悪い行動を取る確率が高まる。これを「モラル正当化効果」と言う。

昼飯を抜いたから、夜は豪勢な食事にしよう、さっき募金したから、ゴミくらい捨ててもいだろう・・・実際には行動が時間的・空間的に離れているので自覚しにくいが、なにがしかの良い行動を取ると「さっき言い事をしたのだから、すこしくらい悪いことをしてもいいだろう」と、自分の行動を正当化してしまうのだ。
まるで貸し借りがあり、さっき貸したのだから借りてもいいだろうといったように。

本来、以前の「良い行動」と、今から行おうとする「悪い行動」は直接関係がないのにも係わらず、モラル正当化効果により間違った判断をしてしまう可能性がある。

モラル正当化効果が存在することを知っていれば、過去の選択に影響を受けることなく、その時々で最適により近い選択が可能になるだろう。

関連記事

  1. 撮影、カメラ、草原

    焦点錯覚。今見ているものを過剰に評価する

  2. あの人はなぜあんな行動を取るのか?立方体モデルで考える

  3. 変えられるのは内部だけ

  4. アイムソーリー法。「謝ったら負け」の非効率

  5. システム思考(4)〜ループ図(その3)

  6. 頭の中のものを外に出す

    知っていると思い込むのが怖い

最近の記事

  1. 2020.10.23

    給料日が怖い
  2. 2020.10.13

    数字は数字

カテゴリー

読書記録(ブクログ)