良いことをしたのだから(モラル正当化効果)

良い行動を取ったあとは、悪い行動を取る確率が高まる。これを「モラル正当化効果」と言う。

昼飯を抜いたから、夜は豪勢な食事にしよう、さっき募金したから、ゴミくらい捨ててもいだろう・・・実際には行動が時間的・空間的に離れているので自覚しにくいが、なにがしかの良い行動を取ると「さっき言い事をしたのだから、すこしくらい悪いことをしてもいいだろう」と、自分の行動を正当化してしまうのだ。
まるで貸し借りがあり、さっき貸したのだから借りてもいいだろうといったように。

本来、以前の「良い行動」と、今から行おうとする「悪い行動」は直接関係がないのにも係わらず、モラル正当化効果により間違った判断をしてしまう可能性がある。

モラル正当化効果が存在することを知っていれば、過去の選択に影響を受けることなく、その時々で最適により近い選択が可能になるだろう。

関連記事

  1. それはもう試して、ダメだったんだ

  2. 比率ではなく頻度で考える

  3. 可能と不可能、それを識別する知恵

  4. 遊びの再評価〜ゲーミフィケーション①

  5. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

  6. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)