「私」から遠く離れて

うつ病の患者は、「私」という単語を使う比率がそうでない人に比べて高いそうだ。
落ち込んだ気持ちが「私」というものを実際よりも大きく、問題があるように見せるのだろう。

病気に限らず「私」を前面に出しすぎると碌なことにならない。
芸能人などは例外だろうが・・・・・

また、「私」を完全に無くすのも良くないらしい。事故などにより脳の損傷を負い感情をなくした人は、
物事を「決める」ことができなくなるそうだ。

「私」は後ろにそっと置いておくだけにして、もっと客観的な思考でありたいと思うが、
言うは易しとはまさにこのことで。前面に出たがる「私」を抑えるだけでも一苦労だ。

関連記事

  1. 自分を削って、付け足して

  2. 「県民性」と言われても

  3. それは問題ですか

  4. 自分から複雑にしてない?

  5. みんなが私の噂をしている(自己標的バイアス)

  6. バックアップ、プランB

    「自分が間違っているかもしれない」前提で考える

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)