富を軽蔑しない(利益をしっかりと出す)

「儲ける」ことは悪いことではない。

富を軽蔑する人間をあまり信ずるな。
富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。
こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。
ーベーコン

どんなに高邁な目標を掲げた事業でも、利益をださなければ継続できない。
利益度外視で価格を安くすれば、顧客はつくだろう。
ただ、利益がなければ、会社はいつか潰れる。御社を信じて契約してくれたお客さんに対しても迷惑をかけることになる。

暴利をむさぼろうとしても、そんなことはできない。
この情報化時代、競合他社よりも不当に多い利益を理由無く取っていれば淘汰されるだけだ。

富を軽蔑せず、利益をしっかり出そう。そして再投資をしよう。
そうしなければ、あなたの会社は成長しない。
あなたが起業したときに描いた理念、理想の社会も、利益を出してこそ実現できる。

関連記事

  1. 撮影、カメラ、草原

    焦点錯覚。今見ているものを過剰に評価する

  2. いまこの瞬間に、できること

  3. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  4. 旅行、出張

    NIMBYは仕方が無い

  5. ゴールが近ければ(目標勾配)

  6. 「みんなそう言っている」「ウチは特殊だから」に注意

最近の記事

  1. 2021.02.17

    スペック厨

カテゴリー

読書記録(ブクログ)