働き方が悪いだけの話さ

自分のやっていることを一段上から眺める「神のような視点」が欲しい、そう思う。

「働いたってどうもならんなんてことがあるものか。
働き方が悪いだけの話さ」
– 岸田國士「牛山ホテル」

働き方が悪いかどうかは、当事者にはわかりにくい。
そう入っても目の前に仕事があるし、期限内に片付けなければ大変な事になる。
一歩立ち止まる?そんな時間なんてあるもんか!!

ところが、立ち止まってきちんと整理して、それから作業した方が、結果として早く作業が終わることがままある。

「働き方が悪い」状態を続けてしまわないよう、間違った努力を全力で行うことのないよう、常に立ち止まり、振り返りたい。

関連記事

  1. 文章にした時点でこぼれるもの

  2. これはゲームだ

  3. 自分「さえも」客観的に見ることができるか

  4. 不足しているのは知識?それとも能力?

  5. アイデアがまとまる

    極論に逃げない

  6. 君だってそうする

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)