嫌なことは忘れられないので

生きていれば、嫌なことはいくらでもある。
嫌なことの大半は、人間関係に起因している。
「忘れよう」「考えないようにしよう」と思えば思うほど、考えてしまう。

別のことで頭を一杯にしてしまうことのみが、嫌なことを忘れる方法だ。
仕事でも、趣味でもいい。旅行もいいだろう。とにかく空いた時間を作らない。
#人間はぼうっとすると、つい人間関係のことを考えてしまう仕組みになっているそうだ。

そうすれば、いつの間にか嫌なことを忘れてしまえる。

私はこの前に、「嫌なことを徹底的に考える」時間を作るようにしている。

事実と意見の切り分け、自分に非はないか、他者の悪意ではないか。どうしようもないことではないのか。
自分の感情の動きと、それが果たして合理的な考えかどうかの分析。別な考え方はないか?どちらがより妥当か?

キーボードをカタカタ打ちながら、なぜ自分は嫌な気持ちになっているのかを考える。

自分の醜い面と向き合う覚悟は必要で、いったん気分が落ち込むこともある。
でも、この作業を行った上で「別のことを考える」状態に移行した方が、
結果として嫌なことをより早く忘れることができる。

関連記事

  1. 頭の中のものを外に出す

    自分の影響は、つい過大評価してしまう

  2. ビジネス心理学4_ゼロベースは難しい(知識の呪縛)

  3. 良いことをしたのだから(モラル正当化効果)

  4. 旅行、出張

    NIMBYは仕方が無い

  5. それが日常になれば、そのおかしさに無自覚になる

  6. 働き方が悪いだけの話さ

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)