嫌なことは忘れられないので

生きていれば、嫌なことはいくらでもある。
嫌なことの大半は、人間関係に起因している。
「忘れよう」「考えないようにしよう」と思えば思うほど、考えてしまう。

別のことで頭を一杯にしてしまうことのみが、嫌なことを忘れる方法だ。
仕事でも、趣味でもいい。旅行もいいだろう。とにかく空いた時間を作らない。
#人間はぼうっとすると、つい人間関係のことを考えてしまう仕組みになっているそうだ。

そうすれば、いつの間にか嫌なことを忘れてしまえる。

私はこの前に、「嫌なことを徹底的に考える」時間を作るようにしている。

事実と意見の切り分け、自分に非はないか、他者の悪意ではないか。どうしようもないことではないのか。
自分の感情の動きと、それが果たして合理的な考えかどうかの分析。別な考え方はないか?どちらがより妥当か?

キーボードをカタカタ打ちながら、なぜ自分は嫌な気持ちになっているのかを考える。

自分の醜い面と向き合う覚悟は必要で、いったん気分が落ち込むこともある。
でも、この作業を行った上で「別のことを考える」状態に移行した方が、
結果として嫌なことをより早く忘れることができる。

関連記事

  1. 文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

  2. 最初の発言が持つ「魔力」

  3. 記憶はあいまい①〜目撃証言の曖昧さ

  4. 撮影、カメラ、草原

    焦点錯覚。今見ているものを過剰に評価する

  5. 期待ではなく事実、願望ではなくデータ、信仰ではなく科学

  6. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

最近の記事

  1. 2021.02.17

    スペック厨

カテゴリー

読書記録(ブクログ)