自分を騙してはいけない

最も騙しやすいのは、自分だ。

人を騙すにはそれなりに準備や仕掛け、技術が必要になるだろう。
しかし、自分を騙すのは簡単だ。

第一の原則は、自分をだましてはいけないということだ。自分は最もだましやすい人間である」

──リチャード・ファインマン”
― from “図解リーン・スタートアップ成長戦略”

自分を騙す、正当化するための理由はいくらでも思いつく。
頭が良い人であればなおさらだ。

「絶対」「ずっと」「とりあえず」などと言い出したり、
自分の不遇を景気や政治家、競合他社のせいにしはじめたら要注意。

利益が出たら全額寄付します?

中小企業診断士として、商工会・会議所を通じて
専門家派遣という制度で中小企業の支援をすることがある。
私の報酬は国や県の公金から支払われ、企業側は負担ゼロだ。

ときおり「儲からなくてよい」という社長に遭遇することがある。
いいものを作り、お客さんが喜んでくれたらそれでいいと。
自分と家族が最低限食べていけるだけの稼ぎがあればいいと。

本当だろうか?
自分を騙していないと言い切れるだろうか。
もし本当にそうなのだとしたら、仮に今後売上が上昇し
自分達が食べていける以上の利益が出たとしたら、その超過分は全て慈善団体に寄付するのだろう。

葡萄は本当にすっぱいのか

自分を騙すは簡単だから、常にそうしていないかを観察しないといけない。
たぶん誰も代わりにやってくれない。自分でやるしかない。

イソップ童話の「狐と葡萄」を思い出して欲しい。
あなたは「すっぱいから取らない」のか、「欲しいけど取れないから、すっぱいと思い込んで」いるのか。
どっちだろうか。

すっぱい葡萄 – Wikipedia

関連記事

  1. 責任を取らないためには

  2. 遠くを見る

    6つの帽子(強制的に視点を変える)

  3. 誰を説得しないといけないのか

  4. 誰も望んでいないのに(アビリーンのパラドックス)

  5. 可能と不可能、それを識別する知恵

  6. 他の目的がないですか

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)