喜劇と思えるように

Life is a tragedy when seen in close-up,
but a comedy in long-shot.

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇だ。

ー チャーリー・チャップリン

生きていれば辛いことはある。自分に落ち度がなくても不幸に見舞われることも。
その出来事に焦点を合わせすぎると、悲劇から抜け出せなくなってしまう。

チャップリンが言うように、どんな悲劇でも遠くから眺めれば喜劇となる。
(そういえば、映画「ジョーカー」にも似たようなセリフがあった。劇中ではチャップリンの映画も流れていた)

どう考えたって出来事は変わらないのだから、
ロングショットで全体を眺めて、喜劇として笑い飛ばして、
「では次にどうするか」を考えることにしよう。

You play with the cards you’re dealt..
whatever that means.

配られたカードでゲームするしかないのさ、それが何だろうとね。

ー スヌーピー

ほとんどの出来事は偶然発生するものであり、
「なんで自分だけが」と考えることに意味はないのだから。

関連記事

  1. 暇を作る

  2. 創造力とは才能ではない

  3. 偶然を許容できない人が、オカルトに逃げる

  4. 持っている道具が金槌だけなら、全てのものが釘に見える

  5. 間違った道、方向

    昔の自分はダメだった?(変化バイアス)

  6. 砂時計

    時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)