喜劇と思えるように

Life is a tragedy when seen in close-up,
but a comedy in long-shot.

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇だ。

ー チャーリー・チャップリン

生きていれば辛いことはある。自分に落ち度がなくても不幸に見舞われることも。
その出来事に焦点を合わせすぎると、悲劇から抜け出せなくなってしまう。

チャップリンが言うように、どんな悲劇でも遠くから眺めれば喜劇となる。
(そういえば、映画「ジョーカー」にも似たようなセリフがあった。劇中ではチャップリンの映画も流れていた)

どう考えたって出来事は変わらないのだから、
ロングショットで全体を眺めて、喜劇として笑い飛ばして、
「では次にどうするか」を考えることにしよう。

You play with the cards you’re dealt..
whatever that means.

配られたカードでゲームするしかないのさ、それが何だろうとね。

ー スヌーピー

ほとんどの出来事は偶然発生するものであり、
「なんで自分だけが」と考えることに意味はないのだから。

関連記事

  1. 一人だけ抜け出すイメージ

    情報という踏み切り板

  2. フィルター、ウィルス

    フィルターバブルを回避する

  3. 「ぜんぜん準備してないよ」~自己ハンディキャッピングの弊害

  4. サイコロ、ダイス

    コイン投げで決めてみる?

  5. 未来への扉、どこでもドア

    学習の4段階(意識×能力のマトリクス)

  6. 止まれば負ける

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)