睡眠と運動(県診断協会HP寄稿)

一般社団法人 福岡県中小企業診断士協会の常任理事・広報委員長をしている関係で、同協会のホームページに寄稿しました。今回は、睡眠と運動についての記事です。

 

(この記事は、福岡県中小企業団体中央会が毎月発行している「NEWSふくおか」2012年8月号に掲載した記事を一部修正の上転載したものです)
iStock_000006080208Small

 

自分の性能をしっかりと引き出す為には、「睡眠」と「運動」を管理することが重要になる。筆者は個人事業主なので、仕事とプライベートの区別が難しいためなおさらだ。ここでは、睡眠と運動について筆者が調べたことを述べる。

 

1.睡眠

 

しっかりと睡眠をとっておかないと良い仕事はできない。徹夜で遊んだ翌日、仕事の能率がおそろしく低下してしまったという経験は誰にでもあると思う。

 

最近の研究によると、理想の睡眠時間というのは人それぞれだそうだ。筆者の場合5〜6時間くらい寝た日の翌日がもっとも調子がよい。逆にあまり寝過ぎると頭が重たくなってしまい仕事がはかどらない。

 

 

2.仮眠

 

続きはこちらからどうぞ↓

睡眠と運動について【米倉 博彦】 | 一般社団法人 福岡県中小企業診断士協会

 

 

参考書籍

関連記事

  1. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)

  2. チェックリストの活用方法(県診断協会HP寄稿)

  3. じっくり話合う

    ミーティング・会議という名称は大雑把すぎるのでは

  4. 時間軸をむやみに前後させない

  5. ナッジ(2)〜フィードバック、インセンティブ

  6. ホワイトボード分割。発散と集約

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)