単純作業とクリエイティブな作業を交互に行う

疲れたら仕事の内容を変えよう。

会社を経営していると、いつもいつも楽しくクリエイティブな仕事ができる、というわけにはいかない。
請求書の作成や経理データの入力など、単純作業も膨大にある。
(従業員を雇ってから大分ラクにはなったが、それでもゼロにはなっていない)

単純作業を休憩として使う

原稿を書く、事業計画を作るなど、クリエイティブな仕事ばかりしていると疲れてしまう。
次第に「なんか筆(タイプ)が進まないな・・・」という気持ちになる。

疲れた際は、クリエイティブ作業をいったん辞めて、単純作業に注力することで頭を切り換えることにしている。

単純作業をひたすらやることで、脳の中のクリエイティブな部分が休まる(ような気がする)。

作業が終わったころには、また原稿が書けるような余裕ができている。

関連記事

  1. GTD(Getting Things Done)〜多様なタスクを淡々と…

  2. チェックリスト

    タスクが発生したら、即座に登録

  3. 眠たいのなら寝た方がいいんじゃ

  4. 仕事の前に軽い運動を

  5. やらないメリットもある

  6. いつもいる場所をできるだけ快適に

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)