コーヒーの魔力

手帳とコーヒー

コーヒーが好きだ。
酒はもともと体質的に飲めない。
タバコも20代は吸っていたがもう止めてしまった。
いまではカラダが受け付けない。
が、コーヒーの習慣だけは止めることが出来ない。

フランスの文豪オノレ・ド・バルザックは、
コーヒーについて以下のように語ったそうだ。
もう、2世紀近く前のこと。

「コーヒーは胃に入るやいなや、全身をかけめぐる。
アイデアが湧き始め……
ウィットに富んだ思いつきが浮かび、
紙はインクで覆われる。
コーヒーを味方につければ、
書くことは苦でなくなる」

-ハーバード医学教授が教える 健康の正解より引用

事務所にはミル一体型のコーヒーメーカーを設置し、
いつでも挽き立てのコーヒーが飲めるようにしている。自宅も同様だ。

最近の調査によれば、コーヒーはとても健康に良く、
一日に6杯ほど飲んでも問題ないとのこと。
これで罪悪感なくコーヒーが飲める。

関連記事

  1. 1,000記事目の投稿

  2. 事務所を持つこと

  3. 4月14日(金)は(株)フロウシンクの定休日です

  4. 11月お休みのお知らせ

  5. ブログ毎日更新、2周年

  6. 夏期休暇のお知らせ(8/11〜15)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 上昇するイメージ

読書記録(ブクログ)