セミナーでないとできない「学び」を

2月はセミナーの依頼が多い。
補助金に関するものが半分以上、
あとは事業計画の作り方や、
IOTのワークショップなどだ。

当社は自社開催のセミナーというのはやったことがない。
公的機関や民間企業から依頼を受け、講師として出向くパターンだ。
つまり、依頼先の意向と受講者の満足、両方を満たす必要がある。
どちらかだけを満足させるような内容であれば、それは失敗といえる。

他の方法ではできないことを

セミナーという形式で何を伝えることができるか?いつも悩んでいる。
同じ時間に同じ場所に集まってもらうわけだ。
移動時間やスケジュール調整の手間を考えれば、
本やネットで文章を読んだり、動画を見たりすることよりはるかにコストが高い。

その高いコストに見合う何かを提供できなければ、受講者に申し訳ない。

セミナーならではの学びを

まだ試行錯誤中ではあるが、いま気をつけているのは、
わかりやすい資料およびトークを用意すること、
ネットには書けないような具体的な事例を話すこと、
グループでのディスカッションを積極的に設けること、
質疑応答を重視すること、
顧客の反応によって話す内容の強弱をコントロールすること
といったポイントだ。

配布した資料を読めば内容が全てわかるようなセミナーならば、
資料をメールで送りつけた方がはるかに効率的だ。

ネットで調べてもわからなかった点がクリアになった、
わざわざ足を運んだ甲斐があった、
そう思われるようなセミナーにしたい。

関連記事

  1. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    嘉麻市創業塾講師を努めました(難易度の設定)

  2. 糸島市商工会にて「持続化補助金セミナー」を行いました

  3. 三菱電機様の展示会で講演「補助金を活用できる企業は何が違うのか」

  4. グループ補助金セミナーを開催しました(広島)

  5. セミナー「クラウド時代のビジネス作法」無事終了しました

  6. アイデアがまとまる

    早良商工会セミナー「経営分析から始まる事業計画書作成」

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日

カテゴリー

読書記録(ブクログ)