できないこともある

どんな人にだって、できないこともある。
というか、できないことだらけだ。

私は経営者で士業だけれど、性格的に向いていないのか、できないことが多い。人より上手くできないことと言った方が正確か。
だからそこは、私よりもその分野に秀でている誰かにやってもらう。
それは社員であったり、外部の協力者であったり。(いつもありがとうございます)

社会は簡単には変わらないし、
政治は遠すぎるし、
戦争はどこかで始まろうとしているし、
貧富の差は如何ともし難い。

誰かの気持ちは本当のところはわからない。
いや、自分の気持ちだって完全に理解しているかどうか、怪しいもんだ。

自分が影響を及ぼせる、非常に狭い範囲の中で、できることをやるしかない。
大きな流れをなるべく早く見つけて、使える道具は全部使いながら、上手く泳いでいくしかない。

関連記事

  1. 世界によって自分が変えられないように

  2. 「思いやり」の押し付け

  3. 他人に私のために生きることを求めない

  4. 何でもは知らない。知っていることを増やす

  5. いつまでたっても先生に見えない

  6. 世界が歪んで見えるとき

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)