進化は偶然に

進化は偶然おきて、たまたま適応できた個体が、たまたま栄える。
それ以外は?個体は死ぬ。種は滅ぶ。

中小企業に進化せよと迫るのは酷な気がする。
偶然に身を委ねろと言っているに等しいし、生き残るのはごくわずかであり、あとは死ぬのだ。そんな賭けをしろと?

有名な言葉をもじるのであれば、生き残るのは変化に適応した者ではない。
色々試して、たまたまうまく当たった者だ。

解決策は「進化」を唱えてドラスティックな改革をすることではなく、
とにかく手数を増やし、間違っていればすぐに修正し、うまくいきそうなら一気にやること。

偶然を味方につけた者が勝つ。
すぐに対応しよう!と、変化の兆候を探しているのでは、遅すぎるのだ。

関連記事

  1. 余裕がなくなるとき

  2. 自由と平等のユートピア

  3. 使いなさい、さもなくば失うよ

  4. 笑いの共有

  5. なんで働いてるの

  6. ついてない人間、ついてない場所

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)