他人の過ちから

過ちから学べる。しかし、過ちを犯さないに越したことはない。
辛いし、種類によっては全てを失うこともある。

幸いにして、たいていのことは過去の誰かがすでに行ってしまっている。
過ちもそうで、具体的な記録を残してくれている人もいる。

他人の過ちから学べ。自分で全ての過ちを経験する時間はない
「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」キングスレイ・ウォード

私も、自分の過ちだけでなく、他人(ここでは同業者)の過ちから学んできたと思う。

  • 「儲かってしょうがない」と聞いてもないのに自慢を続ける不安そうな目をした人
  • アイデアを盗まれるから、と、誰にも相談せずアイデアを腐らせる人
  • 自分が上位にいないとすぐに不満になる人
  • SNSで大層なことを吠えるが何ら実行に移さない人
  • 師匠の言うことを無批判に信じて、上納金を出し続けるだけの人
  • 安定した受注に依存し、顧客を増やすのを怠った人
  • 占いや宗教、陰謀論などの単純な解から抜け出せなくなった人
  • 18歳の時に頭が良かったことをいつまでも自慢し続ける人
  • 自己顕示欲と承認欲求に実力が追いついていない人

周囲を見渡せば、過ちは、いくらだってショーケースに陳列されている。

何が「過ち」なのかは、個人の価値観にもよるだろう。
自分が成功だと思えば、それは成功なのかもしれない。
基準点は好きに動かせる。自分の人生を肯定できる方向に。

関連記事

  1. なんで働いてるの

  2. 花を愛でる余裕(精神的にキツイかどうかの判断基準)

  3. 永遠に準備中

  4. 誰かの正義は誰かの悪

  5. 何でもは知らない。知っていることを増やす

  6. 朝に考え、昼は行動。夕方は読書、夜は寝る

最近の記事

  1. 2022.01.11

    実行力の差
  2. 2022.01.06

    さようならSNS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)