煽り屋の言うことは話半分に。

ニューノーマルだ、デジタルトランスフォーメーションだ、シンギュラリティだ・・・・
煽り屋はすぐにネタを見つける。そして「将来はこうなる」と吹聴する。

その後何かを売りつけるのが目的なのかもしれない。
商品やサービスならわかりやすいが、
最近はオンラインサロンへの加入だったりもする。

もっとも、商売でやっている人はまだいい。
儲けるために自覚的にやっているのだから。
さらにタチが悪いのは、それを誰かに伝えることを
使命だとか善意だとか思っている人々だ。

「私は皆がまだ到達していない真理を知っている。
愚かなものどもにそれを伝えなければならない」

まったく、勘弁してほしい。
あなたは自由にやっていいから、
私のことも放っておいてくれよ。
必要になったら自分で調べるからさ。

関連記事

  1. 孤独に耐えられるか

  2. 見えないけれど、確かにある

  3. 「思いやり」の押し付け

  4. 与えられた役を立派に演じる

  5. 何が「いい知らせ」でした?

  6. 自己主張の話。父の教育方針

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)