出張続き/お金と健康と時間

先週は東京滞在。今週は岐阜、横浜からの東京。
来週は千葉と埼玉。
このところ出張続きだ。

東京支店を本格的に開設して半年が過ぎ、
関東圏での仕事の依頼もある程度やってくるようになった。
(せめて、東京支店の家賃と往復の飛行機代くらいは稼ぎたいものだ)

出張続きでお疲れでしょう?と言われることがあるが、そんなに疲れてはいない。
どこでも眠れるし(ショートスリーパーだが)、胃腸も丈夫だ。
出張先での朝、公園や神社を散歩するのも心地よい。

もしかしたらここには2度と訪れることはないのかもなと思うと、
どんな風景も、どんな体験にもありがたさを感じる。
これはきっと年をとったからだろう。

出張もそうだが、健康を維持できている間に、いろいろな体験をしたいと思う。たとえ多少のお金がかかるとしても。
「老後に、定年後にゆっくり遊ぶさ」と言いながら貯金をし、
いざ老後になったら健康を害して何もできません・・・
でもお金だけはたくさんあります、という人生は、あまりにも悲しすぎるだろう。

金を無駄にするのを恐れて機会を逃がすのはナンセンスだ。
金を浪費することより、人生を無駄にしてしまうことのほうが、はるかに大きな問題ではないだろうか。

ビル・パーキンス. DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール
(Japanese Edition) (p.19). Kindle 版.

そもそも私(経営者)には、定年という概念がないのだった。
もう少し生き急いだ方がいいように思う。

関連記事

  1. 学ぼうという姿勢

  2. 正義、校正、法律

    正義の気持ち良さ

  3. 一人きりの時間

  4. 手品のタネが見える

  5. 正当化のためなら

  6. 行動のハードルが高くなっている

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)