習慣の引力

ここしばらく出張続きだったのと、仕事が立て込んでいて早朝から働いていたこともあって、
もう2年くらい続けている週6のジム通いを1週間ほど止めてしまっていた。

今日久しぶりにジムへ行って運動をした。行くまでの心理的な抵抗がすごかった。
運動したくない、他にやらなければならないこと、やりたいことがあるだろう、こんなことして意味はあるのか・・・?
心の声が響く。

いやはや習慣の力とは恐ろしいもので、2年続けて「プラスの習慣」になったと思っていたら、
わずか1週間程度の中断で「マイナスの習慣」にとらわれそうになる。

運動した後は、必ず「来てよかった」という気持ちになることを知っていてすら、そうなのだから恐ろしい。

関連記事

  1. 2016年の桜

  2. 孤独を楽しむ

  3. ゲシュタルトの祈り。それぞれが、それぞれに

  4. 10コロナまで

  5. 未来に向けての努力で、過去の選択を正当化する

  6. 「家族」「仲間」という言葉を使わない理由

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)