善悪ではなく

人間のことを善人だとか、悪人だとか、そんなふうに区別するのはばかげたことですよ。
人というのは魅力があるか、さもなければ退屈か、そのいずれかですからね
~ オスカー・ワイルド

(その人にとって)魅力があるかどうか。

それがもしYESなら、善人はそのまま「素晴らしい人格者だ」となる。悪人であれば、「ああ見えていいところがある、私にだけはそれを見せてくれる」となる。
NOなら、つまり魅力がない、退屈な人なら、善人は「いい人なんだけど」「お人好し」となり、悪人はそのまま「ひどいやつ」となる。

魅力がある人間になる方法はよくわからない。
ただ、善人になろうとするよりも、費用対効果は高いと予想する。

関連記事

  1. 「思いやり」の押し付け

  2. 読書履歴を公開する

  3. 完全なる幸福

  4. 100万円の重み

  5. コーヒーは知的飲みものである

  6. 無理にでも外へ

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)