悪の名は明確ではない

大概の映画や小説では、「悪い奴」は明確にわかる。
主人公に害をなす奴は悪い奴だ。

ところが、現実はそう単純ではない。
人間は多面的で、ある面では味方で、ある面では敵で・・ということは往々にしてある。

本当の「悪」は見えにくい。それは一見正義や善意の形をとることもある。
本人は善意からやっていることだけれど、それがひどいレベルの害を及ぼす。
スケープゴートを作ることもある。皆がその人を「悪」だと糾弾している間に、本当に悪い奴は逃げおおせてしまう。

絶対の悪はいない。悪はそこかしこに、少しずつ存在している。タイミングによって、顕在化したりしなかったりする。
だから誰かを悪だと言うのは避けたい。
今、ここで、特定の条件において、たまたま私と敵対しているに過ぎないのだから。

関連記事

  1. 競争はいたるところに

  2. 似合わないけれど

  3. かつて居た場所

  4. 旦那のように

  5. 偉大な人は「聞く」

  6. バットを振る以外の時間

最近の記事

  1. 2023.02.01

    東京でも7位

カテゴリー

読書記録(ブクログ)