• IT

ワードで右・左寄せ、フォント大きさ変更のショートカット

ワードでの文書作成時、テキストの右寄せ、左寄せやフォントの拡大・縮小の作業は頻繁に行われる。

これらの作業は、画面上部のボタンを押して行う人が多い。
テキストを入力し、マウスに持ち替え、ボタンの場所にカーソルを移動してボタンを押すという操作は面倒だ。

そこで、ショートカットを有効に活用したい。
文章作成時、日付や文章作成者のテキストは右寄せすることが多いが、これは「Ctrl+R」コマンドで実行可能だ。(Macの場合は、CtrlキーをCmdキーに読み替える。以下も同様)
左寄せに戻したければ「Ctrl+L」を押せばよい。

また、タイトルなどは中央揃えの上、フォントを少し大きくすることが多い。中央揃えは「Ctrl+E」、フォントの拡大は「Ctrl+]」を使う。(フォントの縮小は「Ctrl+[」)

スクリーンショット 2016-08-29 06.52.01

一回一回の作業はたいしたことがなくても、人生を通せば?その作業時間は膨大なものになるだろう。多少大げさかもしれないが、仕事はこういったささやかな効率化の積み重ねでその結果が大きく変わる。

関連記事

  1. ポストイットのデジタル変換

  2. MacOS Sierra ベータ版。Siriを試す

  3. 充電問題の解決(USB充電ケーブル「ヤマタノオロチ」 レビュー)

  4. エクセル小技(1)「セルの移動方向を変える」

  5. ユビキタスとIoT(Internet of Things)

  6. シンプルなままにしよう

    PDF内検索の活用

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)