• IT

複数のPC仕事を同時にこなす(仮想デスクトップ、Windows編)

ふとしたきっかけで従業員に教えたら
「もっと早く知りたかった」
とのことだったので、ブログに書きました。

複数の仕事を同時に
やらなければいけない時がある。

A社とメールやSNSでやりとりしつつ、
B社とC社の似通った書類を作成する、
D社のファイルをまとめる・・・
普通にある職場風景だと思う。

ウィンドウを最大化したり最小化したり、
大きさを変えたり並び替えたり。
小さな画面のなかでいろいろやりくり
するのは大変だ。

モニターが5台くらいあれば、
何の問題もないのだけれど、
スペースやコストの問題がある。
ましてや外出中のノートパソコンでの
作業ではモニタを持参するわけにもいかない。

解決策:仮想デスクトップ

というわけで、仮想デスクトップを活用しよう。
画面左下にある、四角い箱が三つならんだアイコンを
クリックする。

画面が少し暗くなり、開いているウィンドウの
一覧が表示される。ここで右下の+ボタンを
クリック。

デスクトップが増える。+ボタンを押せばどんどん増える。
クリックすれば切替えが可能。

Ctrl+Windows+矢印キーで切り替えることもできる。
慣れたらこっちの方が早い。

活用方法

たとえばデスクトップ1はメールやWeb用、
デスクトップ2はA社の業務用、3はB社の業務用・・・・
というように、仕事の単位に併せてデスクトップを
切り替えて使えば効率的に作業できる。

画面の狭いノートパソコンで
利用する場合は効果絶大だ。

Macにも同様の機能があるので、それは次回紹介する。

関連記事

  1. アップルペンシルの置き場所

  2. エクセルの#DIV/0!を見えなくする方法

  3. 文章入力を少しでもラクに(MS-IMEの辞書登録)

  4. エクセルの小技(5) シートの移動

  5. 強制デジタルデトックス

  6. 【Mac】PDFのファイルサイズを削減する

最近の記事 おすすめ記事
  1. 上昇するイメージ

読書記録(ブクログ)