コーヒーカップにもIoT(Ember Mug)

手帳とコーヒー

IoT時代です、何でもセンサーがついて「見える化」されます。
コーヒーカップにセンサーと熱源が搭載され、
最適な温度を保持する「Ember」というマグカップを購入しました。

マグカップの裏面に接点があり、皿を電源に接続、
コーヒーカップ内の飲料の温度を計測し最適な状態に保ちます。

現在の温度はスマホから確認できます。温度の変更も可能。

この商品を見たときは「そこまでせんでいいやろ、冷めたら電子レンジで温めればいいし」と思いました。
しかし買って実際に使ってみれば、これは便利だなと。
冷たいコーヒーを事務所で飲むことが、私の人生から消えてなくなったわけです。

いい買物でした。

関連記事

  1. 商品の機能を見直す(消せるマッキー)

  2. 掃除はロボットにお任せ

  3. AirPodsを試し、BOSEのノイズキャンセラの有り難みを再確認する…

  4. 多数の筆

    筆箱がスタンドに変形する「クリッツ」、小型タイプ

  5. それはムダなものではあるが

  6. 私のマッキントッシュ遍歴

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日

カテゴリー

読書記録(ブクログ)