定番商品の進化。アラビックヤマトツイン

封筒に封をする際に、事務所に置いてある糊の在庫が少なくなっていることに気づいた。
発注しようと思いカウネットのサイトをさまよっていると、もう小学生の頃からこの世に存在していた「アラビックヤマト」が進化していた。とりあえず買った。

「アラビックヤマトツイン」という名称らしい。背景にあるのは補充用のデカいアラビックヤマト。距離感が狂いそうになるので背景をぼかしてみた。

上下両方に蓋がついている。下の方が普通のもの(湿り気のある布のような円形)なのだが、反対側(写真上部)は細い射出口になっている。封筒の隅にきちんと糊を塗布する際に重宝しそうだ。

もしかしたら私が知らなかっただけで、結構昔からこのタイプは存在したのかもしれない。
定番中の定番といってもいいアラビックヤマトですら、奢ること無く少しずつ進化しているのだな。

関連記事

  1. USB-C <-> ライトニング アダプタ

  2. 未来への扉、どこでもドア

    アップルウォッチで改札を通過

  3. 久しぶりのThinkpad

  4. 多数の筆

    大型モニタをペン対応に。てれたっち(DA-TOUCH)

  5. 方眼紙ポストイット

  6. 静かな環境を軽視するな

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)