自然の中で

地方都市とはいえ九州では屈指の都会の中心部で働いていると、
時折自然に触れたくなる。なので森や海や川に出かける。

その時、カメラを持っていくか行かないかで、「視点」がガラッと変わる。
カメラがなければ、蝉もトンボも、岩を回避して成長する樹木も気に留まらなかったかもしれない。
スマホという名の高性能カメラを常に持っているが、スマホだけでは「被写体を探そう」という気が起きない。なぜかはよくわからないけれど。

関連記事

  1. カメラを右手に

  2. 阿蘇、草千里

  3. カメラの存在意義

  4. 写真修行

  5. 撮影会

  6. 撮影、カメラ、草原

    スナップショットだから

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)