猫と森 / 「重み」を身につける

近くの寺には猫が居着いていて、人間にも慣れている。
定番の散歩コース。境内にあるベンチで読書したり、仕事をすることもある。

鎌倉時代からあるというこのお寺にずっと居ると、まるで過去にタイムスリップしたかのような錯覚におちいる。
古いものはそれだけで価値がある。歴史の風雪に耐えてきた重みがある。

自分が起業してまだ10年やそこら。まだまだ組織もしっかりしていない。伝統や社風と言えるほどの何かもない。
柔軟と言えば聞こえはいいけれど、「きちんとする」ことから逃げてはいけないなあとも思う。

時代の変化にもびくともしない、この古刹のような「重み」を、いつか身につけたいものだ。

(写真は全てRICOH GR3で撮影)

関連記事

  1. あと一歩

  2. 大興善寺、咲き誇るツツジ

  3. モノクロームの世界

  4. 博多旧市街ライトアップウォーク2019

  5. 撮影、カメラ、草原

    瞬間を切り取り、記録する

  6. PHOTO METI、経産省が作った日本の風景写真アーカイブ、再利用可…

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)