成果は価値÷時間

先日、とあるきっかけで、同業者が作成したプレゼン資料を見る機会があった。
文字が箇条書きにされているだけの、非常にシンプルなものだった。
たぶん、私なら作らないような類いのものだ。
この資料で説明を受けた受講者は、満足したのだろうか・・と、心配になった。

ところが、そのプレゼンを受講した方の評判は良かった。
主催者に話しを聞くと、そのプレゼンからかなりの仕事の依頼に繋がったようだ。

どちらかというと凝り性な私は、プレゼン資料の作成に毎回多くの時間をかける。

成果は、価値を時間で割ったものだと言える。
短い時間で、大きな価値が得られれば、成果は高い。
逆に、長く時間をかけても得られる価値が少なければ、成果は低いのだろう。

シンプルな資料で多くの人を惹きつける同業者の方が、
私よりもずっと、「成果」の高い仕事をできているのかもしれない。

関連記事

  1. 注目、子ども

    人を説得するには、統計よりもエピソード

  2. 植物の成長

    小規模事業者持続化補助金 採択発表

  3. 経済図書館「ビズコリ」のチラシ裏面「会員の声」に掲載されました。

  4. ビジネス、歯車、モデル

    IoT・クラウドと中小企業(当社の事例から)

  5. 当てはまらないケースを意識する

  6. アイデア出しは正方形のポストイットで

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)