2018(H29補正)ものづくり補助金 採択実績振り返り。福岡県では実質一位

中小企業が設備投資や新サービスの開発に使える、
上限1千万円の補助金「ものづくり補助金」。
現行の制度になって6年が経過し、当社でも多数の依頼を受け
支援を行ってきました。

つい先日発表された「平成29年補正 第一次」でも、
当社が支援させていただいた企業が多数採択されており、
期待に応えることができてほっとしています。

当社は全国から依頼を受けて支援を行っていますが、
所在地である福岡県内の企業からの依頼がやはり多くなります。

採択結果には、企業名だけでなく
申請を支援した「認定支援機関」の名称も併せて掲示されます。

認定支援機関とは、中小企業を支援する団体のうち、
一定のレベルにあると国が認定した団体の呼称です。

ものづくり補助金:福岡県の採択結果はこちらからダウンロードできます。

福岡県の認定支援機関ランキング

上記の採択結果(PDF形式)をエクセルに変換し、
ピボットテーブルを使って分析を行いました。
認定支援機関毎の採択数をランキング化したものです。

順位 認定支援機関名 支援企業数
1 福岡県商工会連合会 38
2 株式会社フロウシンク(米倉博彦【11】+株式会社VIコンサルティング【23】) 34
3 株式会社福岡銀行 21
4 株式会社西日本シティ銀行 16
5 株式会社筑邦銀行 16
6 福岡ひびき信用金庫 15
7 合同会社スマイル・サポート・コンサルト 9
8 公益財団法人北九州産業学術推進機構 8
9 株式会社商工組合中央金庫 8
10 大川信用金庫 8

 

先日7/4付けで、株式会社VIコンサルティングの補助金事業は
株式会社フロウシンク(代表取締役:米倉博彦)に統合しました。
そのため2社の採択数を合算しています。

県内でも有数の金融機関が名前を連ねるなか、
堂々の2位です。天下の福岡銀行よりも上位というのは、
ちょっとだけ自慢したいところです。

#ちなみに、4位の西日本シティ銀行と
#(株)VIコンサルティングは
#ビジネスマッチング契約を結んでおり、
#企業様をご紹介いただくなど協力関係にあります。

1位は福岡県商工会連合会です。県下の市町村にある
商工会を束ねる組織であり、申請数もかなりのものでしょう。

実質的には県下一位の実績

株式会社フロウシンクは福岡県商工会連合会と
良好な関係を築いており、中小企業支援やセミナー講師など
多数の仕事をいただいております。

今回も、当社と商工会で協同して支援を行い、認定支援機関は
商工会の名義で申請をし採択された企業が4社ほどあります。

福岡県商工会連合会と当社の採択数の差は4なので、
上記の協同支援を半分ずつだと考えれば、それぞれ

福岡県商工会連合会:38-2【4×0.5】=36
株式会社フロウシンク:34+2【4×0.5】=36

となり、同数で一位となります。

また、福岡県内の採択社数は297社ですので、
36社採択の当社が支援した企業は県内の12%を占める、ということになります。

胸を張れる結果

これだけ多数の依頼をいただき、また従業員を初めてとして
たくさんの方にご協力いただいた結果、胸を張れる結果を出すことができました。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。
これからも関係各位の役に立てるよう、頑張って参ります。

関連記事

  1. H29年予算、創業補助金の「事務局」募集開始。しかし・・・・

  2. 受動喫煙防止対策助成金

  3. 2017年も小規模事業者持続化補助金は継続。予算規模は不明

  4. 先端設備等導入計画が利用可能な自治体の一覧

  5. 2019ものづくり補助金 詳細解説(3)〜ページ数制限の追加

  6. 2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助…

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.22

    Google Pixel 3a XL
  2. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)