【重要なお知らせ】(株)VIコンサルティングの補助金支援事業を統合します。

株式会社VIコンサルティング(代表取締役:郷田郁子)は、
補助金支援事業に関わる全ての業務を
株式会社フロウシンク(代表取締役:米倉博彦)に
移管することを決定し、引継契約を結びました。


株式会社VIコンサルティング
代表取締役:郷田郁子
取締役:米倉博彦
電話番号:093-513-5188
代表メールアドレス:info@vi-consulting.co.jp
ウェブサイト: http://www.vi-consulting.co.jp/


株式会社フロウシンク
代表取締役/中小企業診断士:米倉博彦
電話番号:092-753-8381
代表メールアドレス:info@flowthink.jp
ウェブサイト:https://flowthink.jp/


本日7月4日から契約は有効となり、
これ以降に発生する補助金支援業務に
関しては、フロウシンクが窓口となります。

VIコンサルティングは代表取締役の郷田が設立後、
フロウシンク代表取締役の米倉が役員として参画した企業で、
従来よりフロウシンクとは異なる独自のルートで
多くの補助金支援業務を行ってきました。

事業移管にいたる経緯

両社はもともと密接な提携関係にあったのですが、
数ヶ月前より両社の事業体制見直しと
経営資源の最適化を進めておりました。

事業の効率化とよりよいサービス提供の為、
両社の補助金支援事業を統合すべきとの
経営判断に至り、フロウシンクへ事業を
一本化する運びとなりました。

支援の手法は変わりません

補助金支援の手法に関しては、
VIコンサルティングとフロウシンクは
経営陣が一部重複していることもあり
従来からそのノウハウを共有し、改良を続けてきました。
よって、事業移管後も支援の手法やその品質は
従来と変わりません。ご安心ください。

関連記事

  1. 受動喫煙防止対策助成金

  2. 中小企業関係予算の日米比較

  3. 2017年持続化補助金、二次公募開始。締切は5月末

  4. 北九州市 平成30年度 中小企業支援施策活用ガイドブック

  5. 2018(H29補正)ものづくり補助金、二次募集の規模は?

  6. H30年2次補正予算、ものづくり+IT+持続化で1千億円以上を要望

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.12.17

    CTIの導入
  2. 旅行、出張
  3. 2018.12.15

    秋の公園

読書記録(ブクログ)