「経営力向上計画」と「先端設備等導入計画」の比較表

ものづくり補助金を申請する際、加点、つまり採択の可能性が上がる制度がいくつかあります。
そのなかでも比較的取得しやすいのは「先端設備等導入計画」と「経営力向上計画」です。

この二つ、それぞれ設備投資に関する節税というメリットもありますので、
設備投資を行う企業であれば認定を取得しておいて損はありません。
両制度、書式等非常に似通っているのですが、細部が異なります。

例えば経営力向上計画の提出先は経済産業局など業種毎の監督官庁になります。
建設業なら地方整備局です。
先端設備等導入計画は、設備設置場所の自治体(市町村)が提出先です。

他にも数点の違いがありますので、わかりやすく比較表にしてみました。

PDFデータは、ここからダウンロードできます。

この表は、当社のロゴを消さない限りにおいて再配布自由です。
可能であればひと言ご連絡をいただければ、私の仕事が誰かの役にたっていると実感できるため、非常にうれしく思います。

関連記事

  1. チェックリスト

    2018ものづくり補助金、事務局決定。従来同様、中央会に

  2. 2018(H29年度補正) 事業承継補助金の公募が始まっています。

  3. ものづくり補助金1次採択、民間コンサル部門で全国15位以内の実績

  4. 補助金の季節に向けて(2)〜補助率の考え方

  5. 好成績

    2018(H29補正)ものづくり補助金二次採択発表。当社支援先は11社…

  6. よくわかる持続化補助金(8)〜地域によって事業実施期間が変わる

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)