2019年IT導入補助金のスケジュールが明らかに

2019年のIT導入補助金、4月1日に新たな情報が明らかになりました。

この補助金は他のものと若干スキームが異なり、
IT導入支援事業者が中小企業の申請を代行するという形になります。

IT導入支援事業者登録

4月15日より「IT導入支援事業者」の登録申請が始まります。
昨年度登録した事業者も更新の手続が必要になるようです。
この補助金を使って自社のソフトやサービスを販売したい
企業はすぐに登録しましょう。

ちなみに、IT導入支援事業者として登録した企業は、
IT導入補助金を自ら利用することはできなくなります。

ITツール登録

IT導入支援事業者は、自社の製品ラインナップを
「ITツール」として登録します。これは4月19日より
登録可能となるようです。

ITツールに登録していないソフト・サービスは、
IT導入補助金の対象になりませんので、必ず登録してください。

中小企業からしたら、欲しいソフトがあったとしても、
ITツールとしてそのソフトを登録している事業者から
しか補助金を使った購入はできないということです。

中小企業の申請

中小企業の申請受付は5月27日を予定しています。
IT補助金を利用したい中小企業は、5月27日から手続が可能になります。

4月15日に始まるのはあくまで業者側の手続きであり、中小企業にはあまり関係がありません。
#せいぜい、IT導入支援事業者に自社が導入したITツールの事前登録を促すくらいでしょうか。

二次募集と今後の予想

二次募集も7月中旬に行われるようです。
昨年と比較して予算は削減され、かつ一社あたりの補助上限額が
大幅に増えたことから、競争が激しく(採択率が低く)なることが予想されます。

少なくとも昨年のように「申請すれば必ず受かる」補助金ではなくなるだろうと思います。

当社でも申請の支援を受け付けております。
公募が始まるまでは詳しいお話はできませんが、
昨年の情報をベースにした助言は可能ですので、お問い合わせ下さい。

関連記事

  1. H28年2次補正「ものづくり補助金」の事務局は、従来通り中央会に決定

  2. 認定支援機関制度に更新制が導入されます。中小企業への影響は

  3. 北九州市 平成30年度 中小企業支援施策活用ガイドブック

  4. チェックリスト

    2018ものづくり補助金、事務局決定。従来同様、中央会に

  5. ものづくり補助金 過去の採択者一覧と辞退者の把握

  6. 2019年ものづくり補助金「事務局」募集から読み解く今年の制度

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)