平成30年7月豪雨に関する被災中小企業・小規模事業者対策

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で
被災された中小企業・小規模事業者に関して、
中小企業庁より緊急対策が発表されています。

主に金融面からサポートをするものです。

また、熊本の地震や朝倉の水害の際は、その前後に
公募された補助金の採択率を当該地域に関しては上昇させる、
また被災地域しか使えない補助金の公募がなされたこともあり、
今後そのような施策が出てくる可能性があります。

激甚災害に認定される見込みのようですので、
国からの手厚いサポートが今後矢継ぎ早になされると想定されます。

使えるものは何でも使う。日常を取り戻すために

被災された中小企業・小規模事業者の方のことを
思うと辛く、いたたまれない気持ちになります。

使える制度は、貪欲に何でも使いましょう。
中小機構や商工会・商工会議所、役場に相談してください。
制度の理解が難しい、申請する暇がない、
そんなときは専門家を頼ってください。

少しでも早く、日常を取り戻すために。

関連記事

  1. 2020年(R1補正)もの補助チラシより〜(1)3つの要件。賃金が重視…

  2. 持続化補助金の採択発表は7/15(金)の予定

  3. 2020年(R1補正)もの補助チラシより〜(3)新たに追加された類型(…

  4. 九州の地図

    平成29年度 九経調地域研究助成・顕彰事業

  5. 植物の成長

    キューテック 研究開発助成金(8/末締切)

  6. 未来への扉、どこでもドア

    H29年度補正予算が国会通過。2018年補助金シーズンの号砲

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)