2018年2次補正予算は2019年1月の通常国会で審議

昨日の日本経済新聞に掲載されていた記事です。

記事によれば、首相は11月20日の閣議で2次補正予算の編成を指示、
これを受けて各省庁が概算要求を提出することになります。

年明け1月からの通常国会で2次補正予算を審議、
過去の例から推測すれば、2月初頭に国会で補正予算成立となるでしょう。

詳細はいつわかるの?

これまた過去の例ですが、年明けの国会から審議する補正予算案は、
クリスマス前後の閣議で決定されるようです。その後、各省庁のホームページに
補正予算の概要が掲載されます。
ちなみに定例閣議は火曜日と金曜日に開かれます。
#これ以外に臨時閣議が開かれることもあります。

閣議の議題や議事録はこちらから確認できます。

2次補正予算には、中小企業が使える様々な補助金、税制の特例等が盛り込まれるのが通例です。
新しい情報が入り次第、このブログもしくは毎週水曜日に配信しているメールマガジンでお知らせします。

関連記事

  1. 認定支援機関制度に更新制が導入されます。中小企業への影響は

  2. 昨年(H26補正)のものづくり補助金採択者データ分析【福岡のみ】

  3. ものづくり補助金は2017年も継続!予算は2016年と同等か、やや減

  4. H30補正2次予算概要公開、定番の補助金はどう変わったか?

  5. H28年創業補助金の結果発表。予想通りの塩展開

  6. よくわかる持続化補助金(9)〜提出には商工会・商工会議所の協力が必要