分母を調べろ

数字、数学、パズル

若者の海外旅行離れという言葉がある。
最近の若者は海外旅行をして見聞を広めることをせず、近くで遊んでばかりいる、けしからん!という文脈だ。

ネットに出ているいろいろなグラフを見ると、確かに若者の海外旅行数は目に見えて減っている。
やはり、若者の海外旅行離れは真実なのだろうか?

他の影響はないか?

グラフを見るときには、母集団、つまり分母を確認しなければ、本当のことはわからない。
この場合はヒントは少子化だ。

言うまでもなく、少子化により若者の数は減っている。
1997年対比で20代人口は約650万人低下したそうだ。
(データサイエンス「超」入門 松本謙太郎著より)

分母が少なくなれば、海外渡航者の絶対数は減る。
人口比で見れば、むしろ20代の海外渡航割合は増えているとの調査もあるくらいだ。

分母を確認する

母集団を確認しなければ、データの意味するところはわからない。
アンケート調査なら、電話なのか訪問なのか、ネットなのか街頭なのかが
その結果に影響する。
電話であれば、日中なのか夜間なのかでも変わってくるだろう。

データを鵜呑みにするのではなく、
「さて、このデータの分母(母集団)は何だろう?」と
一段深く考えてみれば、逆の結論が出てくることさえある。

関連記事

  1. 自由と平等、どちらに重きをおくか

  2. 記憶はあいまい②〜記憶を作る

  3. 間違ったウィン=ウィン(2)

  4. 朝令暮改でもいい。ただし、理由を説明せよ。

  5. 「悩む」と「考える」は違う

  6. フィルター、ウィルス

    フィルターバブルを回避する

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日
  5. パズルを組み合わせる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)