H29年予算、創業補助金の「事務局」募集開始。しかし・・・・

現在国会審議中の平成29年度予算ですが、成立を前提として、創業補助金の事務局募集が始まりました。

中小企業庁:平成29年度予算「創業・事業承継補助金」の事務局の募集を開始します

創業補助金の公募ではなく、「事務局」の公募です。
実際の公募は予算成立後速やかに実施されるでしょう。

予算は年々縮小

4年前は潤沢にあった創業補助金の予算も、年々減額の憂き目にあい、今回は3.09億円となっています。
昨年の事務局募集では、120件程度の採択予定ということが明記されていました。今回は採択予定件数の記載は事務局公募要領から見つけることができませんでした。
仮に、事務局経費を予算の1割とし、残った予算を想定される補助金額の上限(200万円)で割り算すると・・・

3.09億円 – 10% = 2.781億円
2.781億円 ÷ 200万円 = 139.05件

試算ではあるものの、全国で140件程度しか採択されない「狭き門」ということになります。
昨年の120件よりはほんの少しマシ・・と見えますが、あくまで試算なのでもっと減る可能性もあります。
そもそも事務局経費が1割、というのも概算に過ぎませんし。

当社所在地である福岡県の採択件数は、いつもの県GDP4%からの推定(当社では県内の市場規模を推定する際に、福岡県のGDPが全国の4%程度であることから全国データに0.04を掛けた数値を利用します)で考えると、

140件 × 4% = 5.6件

非常に厳しい数値となっています。
ちなみに、前回の福岡県内の採択者はわずか4件でした。

創業補助金はかつての「しっかりと申請書を書けば採択される」安易なものではなくなりました。
申請を希望するのなら、中小企業診断士などの専門家に協力を依頼することをお勧めします。

昨年の創業補助金に関する記事はこちら、過去の採択件数も記載しています。

H28年創業補助金は「超」のつく狭き門に

H28年創業補助金の結果発表。予想通りの塩展開

関連記事

  1. 2019もの補助 結果分析(4)〜 2次公募分の予算予測

  2. 講演、セミナー

    メーカー・商社の営業職向け補助金セミナー

  3. ものづくり補助金の当社受付締切は今週末3/29の17時です。

  4. 来年の依頼もちらほらと

  5. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    2018年のものづくり補助金【予測】

  6. 九州限定。被災地域向け小規模事業者持続化補助金

最近の記事

  1. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  2. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)