「またやりましょう」と言っていただけるうれしさ

仕事で成果を出せないことがある。

クライアントには申し訳ないし、自分の実力不足が嫌になる。
もちろん運の要素もある。100%確実に成果を出す方法などない。

それでもクライアントからすれば「せっかく専門家に依頼したのに・・・」と文句のひとつも言いたくなるだろう。

でも、当社が成果を出せなかったとき、文句を言われることはほとんどない。

たいていのクライアントは「今回は残念でした。次回、また一緒にがんばりましょう」と言ってくれる。

それは料金が安いからかもしれない。
それまでのやりとりで、当社の誠実さが信頼された証かもしれない。
成果は出せなかったが、作成した資料等には満足いただけたのかもしれない。

成果を出せなかった当社に「またやりましょう」と言っていただけることを、とても感謝している。
次こそはクライアントと一緒に喜びを分かち合いたいと、そのための努力は惜しまないと、覚悟を新たにして次の機会に臨める。

関連記事

  1. 前提条件の変化に気づく

  2. 常に自由な立場で(代理店にならない理由)〜Revise

  3. 足かせ

    自責と他責。どちらかではなく、冷静な分析を

  4. 情報の見せ方(1)「読み手は誰?」

  5. 業務フロー

    2019ものづくり補助金 詳細解説(4)〜 一般型と小規模型、どちらに…

  6. 積小為大

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)