経営資源を列挙し、その一部が失われることを想像する。

パズルを組み合わせる

「背水の陣」は、とらないで済むのであればそれにこしたことはない。

資金がなくなる、従業員が辞める、顧客が離反する・・・追い詰められた状況では、正常な判断ができなくなる。
あげく、「困難を一気に解決する魔法」があると謳う怪しげな人物に頼ってしまう。

そうなる前に手を打つべきだと人は言う。しかし、好調な時に最悪のケースを想像することは難しい。
この良い状態がずっと続くと思ってしまう。いや、そう思いたい。

要素を細かくわけてシミュレーションすれば、最悪のケースを想定しやすい。
まずは経営資源を全て列挙する。
取引先、サービス、従業員、資金・・・
そして、その内一つが突然無くなったらどうなるかを考える。
二つ同時になくなったら?三つなら?

無くなっても会社を維持するためには、今何をしておくべきだろうか。

帰省中。実家から徒歩1分の波止場から海中のアジを撮影。(Olympus OM-D E-M1X/m.zuiko 12-100/F4IS w/PL Filter)

実家近くの植え込みに咲く花(Olympus OM-D E-M1X/m.zuiko 12-100/F4 IS w/PL Filter)

関連記事

  1. 意見を変えられるように

  2. 「標準」ではない標準世帯

  3. 経営判断をシンプルにしたい

  4. 上昇するイメージ

    利益をとるか、数量をとるか

  5. 2014年もよろしくお願い致します。

  6. 特注品は、新事業のための試作品である

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)