立ち位置を明確にせよ

中立的な立ち位置を確保できるのは、極めて稀なケースだ。

あらゆる影響から独立した人間というのは存在しないと思う。
生まれた国、家庭、思想、組織の事情、派閥など、何がしかの前提条件に囚われている。

「ゼロベースで考えよう」と言われるが、それは不可能で、
実際にやっているのは前提条件の確認に過ぎない。

大事なのはそれを意識して、つまり、「自分が偏っている」ということを把握した上で喋ること。

自分の立ち位置を明確にする。結論がどちらに転んでもいいような賢しらな態度は取らない。
そうすれば、論争相手を敵ではなく「偏り方が違う人というだけ」と、客観的に捉えられるように思う。

自分が中立的だ、平等だ正義だと考えると、そこから逸脱する他者に対して、人はどこまでも冷酷になれる。
それは歴史的な事件の数々が証明している。つい最近も我々はすぐ近くでそれを目撃したはずだ。

関連記事

  1. 植物の成長

    小規模事業者持続化補助金 採択発表

  2. 引き出しの多さ、深さ、取り出しやすさ

  3. 企業の「基礎疾患」

  4. 幸せな組織の4ヶ条

  5. デジタルで伝える

    議論の前に確認しておきたいこと

  6. 「こういう話を聞いた。あなたの言っていることと違う」と言われたら

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)