豹変

前の戦争の時のこと。
昭和20年の一学期、先生は黒板に「大和魂」と板書した。
夏休みに戦争は終わった。
二学期の初め、先生は黒板に「民主主義」と板書した。一学期のことについては特に触れなかった。
「世の中が変わったから、それに合わせただけだ。」
もし誰かに突っ込まれたら、そう嘯いたことだろう。

来年、同じような風景が日本のそこかしこで見られると思う。
誰もそれを恥ずかしがらない。ただしれっと、以前とは反対のことをやるだけだ。
「周りもそうしてるから」という、とても自立した大人の発言とは思えないひと言を添えて。

なんでもいいから、早く元に戻ってほしい。
失われたものは二度と帰ってこないけれど、そのことについては何も言わない。
不合理な行為をし続ける他者をずっと見ていると、精神がおかしくなりそうだ。

関連記事

  1. それは問題ですか

  2. 無理に天国を作ろうとすると、たいてい地獄ができあがる

  3. ディスコミュニケーション

    読む、書く、話す

  4. 成功体験は、回答数一名のアンケート調査

  5. 皮肉のつもりもないのだけれど

  6. 自由と平等、どちらに重きをおくか

最近の記事

  1. 2023.02.01

    東京でも7位

カテゴリー

読書記録(ブクログ)