窓のある職場は、生産性や満足度を高める

当社事務所には大きめの窓があります。
「窓から外が見えること」は事務所選びの時に重要視した項目の一つでした。

IMG_5216

窓から外が見えると、職場での作業能率が改善することも示されている。
窓のそばの席の従業員は集中力が高く、仕事に強い関心を持ち、愛社精神が強い。
2003年の研究は、「コールセンターの従業員が(頻繁に席が替わる)窓の近くに座ると、生産性が年間で3000ドル多くなるのを示している。
また、オフィスに入ってくる日光の量によって、従業員の満足度がかなり正確に予測できることもわかった。

ーー最高の仕事ができる幸せな職場/ロン・フリードマン著

当時はこの書籍を読んでいなかったので、感覚的に「窓があった方がいいよな」と思っていただけでした。
科学的にも窓の近くで仕事をした方がいいようですね。

そうはいっても、窓のない職場で働いている方もいるでしょう。
そんな方は、せめて昼休みだけでも外出して、日光を浴びてみては?少しは生産性や満足度が上がるかもしれませんよ。

関連記事

  1. ささいな改善の積み重ね

  2. 悩んだら、人に聞いてもらうよりまずは書く

  3. 高価転売を無効化する

  4. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)

  5. 社用車は持たない。カーシェアの活用

  6. やらないメリットもある

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)