逍遥。ぶらぶら歩いて思いつくこと

散歩をする。そぞろ歩く。仕事中でもちょっと外に出て歩く。

歩く場所はさまざまだ。車や自転車の往来が少ないところが望ましい。
事務所の横にあるFFG本社ビルの広場、やはり事務所の横にある舞鶴公園、テレワークの時は自宅近くにある聖福寺の境内。

仕事で煮詰まったらとにかく歩く、するとアイデアが湧いてくる。少なくとも気分転換にはなる。
閃いた「何か」はスマホにメモする。パソコンの前に戻って、そのアイデアに取り組む。

勤務時間中は事務所の机から一歩も動いては行けないと言われたら、私はとっくの昔に狂人になっていただろう。
そもそも人間が8時間も連続して集中できるわけがない。
全体として効率が上がればよいのであって、そのために5分の散歩が必要なら、そうすべきだと思う。
頑張ってるふりはしなくていい。結果が出せれば、それでいい。

FFG本社ビル広場

朝の舞鶴公園

聖福寺境内

関連記事

  1. 意志力を理解し、使いこなす。

  2. 連絡なしにキャンセルする予約客を減らす方法

  3. チェックリストの活用方法(県診断協会HP寄稿)

  4. 機械ではなく人間だから

  5. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)

  6. iPhoneにスライドキーボードを追加

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)