キャッチフレーズを頼りに

アイデアがまとまる

第一次大戦時、アメリカの広報委員会、委員長に任命されたジョージ・クリールはこういう名言を残している。

「人はパンのみで生くるにあらず、ほぼキャッチフレーズを頼りに生きている」

戦争に不介入の方針だった国民を戦争賛成の立場にするために、あらゆる手段が用いられた、宣伝(プロパガンダ)もその一つだ。

人は日々の生活に手一杯で、専門的な内容を逐一検証する時間はない。
簡潔でわかりやすいキャッチフレーズを生み出せれば、人々を一定の方向に向かせることができる。
「郵政民営化」「政権交代」「経済より命」など、思い出せばいくらでも事例は見つかる。

自分の事業にもよいキャッチフレーズが欲しい。
それを経営理念と言うのかもしれない。

関連記事

  1. チェックリスト

    タスクが発生したら、即座に登録

  2. ささいな改善の積み重ね

  3. 仮眠の価値

  4. 仕事の前に軽い運動を

  5. 窓のある職場は、生産性や満足度を高める

  6. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)