制約があってこそ、アイデアが生まれる

時間、歯車

このブログは毎日7時頃に更新している。

他にも、月一回の月刊誌連載(これはもう6年)や
週一回のメルマガ配信(開始三ヶ月程度)もやっている。
書いてばかりだ。

ブログは、経営や仕事にまつわる話が多い。
どこへいった、何を食べたという「だけ」の
話題は書かないように気をつけている。
#私がどこに行ったか、
#何を食べたのかなんて
#誰も興味ないだろう。

頭の中の考えを文章化する訓練とも言え、
中小企業診断士としての日々の仕事にも
プラスの効果を及ぼしている。

毎朝書くのは、そうしないと続かないから

基本は毎朝書いている。
なぜ毎日書くかというと、
「ネタがあるときに書こう」
としてしまうと、
ネタがないことを言い訳にして
ずっと書かない自信があるからだ。

自分が意思の弱い人間であることは
これまでの人生経験で充分自覚している。

ネタは落ちている、いくらでも

毎日書くことを前提に世のなかを眺めれば、
ネタはいくらでも落ちているものだ。
それでもネタがなければ、
読書でもネットでも人との会話からでも、
ネタは容易に見つかる。

制約がある方がアイデアが生まれる

制限がないところにアイデアは生まれない。
予算も人員も潤沢にあるプロジェクトよりも、
制約の厳しいそれの方が良いアイデアが生まれることが多い。

毎日ブログを書くことで、
アイデアを生むための制約を
敢えて自分に課している、とも言える。

関連記事

  1. 社用車は持たない。カーシェアの活用

  2. 予実対比にBar in Bar グラフ

  3. 眠たいのなら寝た方がいいんじゃ

  4. 言葉に力がある

    書き続ける習慣

  5. 「会議室のホワイトボードマーカーは大抵インク切れかけ」の解決策

  6. その言葉を置き換えてみてよ

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)