feel,felt,found

アップルストア(今は「ストア」とはついていないけれど)の従業員ハンドブックに書いてある顧客との人間関係作りの方法だそうだ。(書籍「文化戦争〜やわらかいプロパガンダがあなたを支配する」より)

feel(そう感じるんですね)、felt(私もそう感じました)、found(でもわかったんです)。

相手の言い分を否定せず、まずは聞く、そして自分もそうだったと同調する。その上で、伝えたいことを話す。

いきなり否定から入らない、というのがポイントなのだろう。自分は性急に結論を急ぐタイプなので、気をつけます。

関連記事

  1. 進捗率で聞くよりも、「あと何日」と確認した方がよい

  2. カフェで仕事しててトイレに行きたくなったら?

  3. 専門家は「精度の高い、知識体系のインデックス」を持つ

  4. いい仕事をするために〜運動編

  5. 非合理の論理

  6. 「なにをやろうかな」と迷わない状態を作る

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)