ミーティング・会議という名称は大雑把すぎるのでは

じっくり話合う

ミーティングや会議といった名称は
大雑把すぎるのではないかと思っている。

会うこと(Meet)そのものを目的とした
ミーティングや会議は存在しない。
#年始のご挨拶など、会うことそのものを目的とした
#ミーティングも厳密にはゼロではないが・・・

そこには、会うこと以外の
別の目的が存在するはずだ。

それなら、目的を明確にした名称を
使えばいいのではないか?

ミーティング・会議ではなく、
もう一段レベルを深くするイメージだ。

情報共有でも、意思決定でも、
次年度のスケジュール検討でも、
単なる部署の定例会でもいい。

ミーティングや会議という名前で
スケジュール帳に書き込む前に、
「これは何のための会なのか?」
「自分の役割は何なのか?」
を問えば、より意義のある時間の
使い方ができるようになる。

もしかしたら、参加する必要のない
会議が見つかるかもしれない。

関連記事

  1. 仮眠の効果

  2. 意見を「ストーリー」という包装紙で包む

  3. 「アイデアは移動距離に比例する」高城剛トークライブで学んだこと

  4. スパークラインで傾向をつかむ

  5. ワンページ、ワンインフォメーション

  6. 事務所に居ながら、カフェでの集中力を手に入れる

最近の記事 おすすめ記事
  1. SWOT分析

読書記録(ブクログ)